一般社団法人 全国建築CAD連盟【AACL】

連盟概要 | リンク | サイトマップ

ホーム
ホーム > 受験生の方へ > 一般受験 > 会場受験方法

一般受験の申し込みについて

申込み方法

@. 当ホームページの申込みフォームから直接お申込みいただく。

 (画面一番下の 「同意する」 ボタンを押すと申込みフォームへ進みます。)  

     または、

A. 電話やメールまたは当ホームページ(資料請求ページ)から受験願書を取り寄せ、ご郵送にてお申込みいただく。(ただし、願書締切り間際ではこの郵送でのお申込みはご利用いただけません)     

以上、上記@Aいずれかの方法にてお申込み下さい。


会場の選択     

会場に用意されているパソコンを使用する場合と、ご自分のノートパソコンを会場に持ち込んで使用する場合の2種類があり受験者が選択します。会場については受験申込みの際、「受験会場一覧」をよくご確認下さい。

※近くに会場がない場合もございますのであらかじめご了承ください。

  1. 申し込みの際には、希望する試験会場を指定して下さい。各試験会場とも先着順に受付をいたします。定員には限りがありご希望いただいても受験できない場合がありますので、可能な限り第2希望までご指定いただくことをお勧めいたします。
  2. 会場によって、実施する級およびCADソフトが異なりますのでよくご確認下さい。
  3. どうしても近くに会場がない場合、学校に通われている方は、次回の試験において団体受験での受験について、学校の先生に一度ご相談ください。                           

 

受験料のお支払い方法   

  1. 当ホームページの申し込みフォームからお申込みいただく場合は、お支払い方法については 「コンビニ決済」、「ネットバンク」、「クレジットカード」、「払込票」のいずれかの方法をご選択いただけます。それぞれの支払方法の詳細をご確認のうえお申込みください。
  2. 支払期限は、申し込みの際に自動返信される(クレジット決済を除く)確認メールに記載されます。なお、願書締切日に申込される場合は支払期限も願書締切り日と同日になりますのでご注意ください。支払期限を過ぎますと決済ができなくなり、お申込された情報はすべてキャンセルされ無効となりますのでご注意ください。
  3. 願書をご郵送でお申込みの場合は、受験料を郵便局の払込票にてお支払いいただき、受領証(領収証)を願書の所定の位置に貼付いただき願書締切日までに「簡易書留」でお送りください(消印有効)。詳細は、願書に備え付けの受験案内書をご覧下さい。              

 

 

試験当日の準備

必ず持参(用意)するもの 持参(用意)して差し支えのないもの
会場機器使用受験 パソコン持参受験
  • 電卓
  • スケール
  • テンキーボード
  • マウスパッド
  • CADソフトのテキスト、マニュアル
  • 公式ガイドブック
1.受験票
2.筆記用具
1.受験票
2.筆記用具
3.受験用ノートパソコン
4.電源用延長コード

 

受験申し込みに関する注意事項

試験当日の注意事項

  1. インターネットでお申込みの方は、当日、受付において、本人確認のための証明書を提示いただきます。免許証・パスポートなどの顔写真入の証明書を必ずお持ち下さい。証明書をお忘れになりますと受験ができなくなる場合がございますので十分ご注意ください。なお、顔写真入りの証明書をお持ちでない受験者は、必ず願書締め切り日までに証明写真(正面から写した顔写真:縦4cm×横3cm)を連盟あてご郵送ください。※証明写真をお送りいただく際、受験者の氏名・ご住所・受験級もあわせてお知らせください。
  2. 当日、試験開始から30分までの遅刻であれば受験していただけます。ただしその場合、試験時間の延長などは認められませんのでご注意ください。
  3. 当日、台風・地震・洪水等の自然災害または火災・停電・システム上の障害、その他不可抗力による会場機器の故障等の発生により、やむを得ず試験を中止する場合があります。 その際は受験料を返還しますので、手続きについて個別に通知します。なお、交通費・宿泊費等に関する補償はいたしかねますので予めご了承ください。
  4. 准1級試験のみ、連盟で用意する試験時間計測ツール(USB)を使用して試験を行います。事前に送付される案内事項をよくご確認ください。
  5. 当日はCADソフトの設定、表示、図面の保存方法などを含め、操作に関わるご質問にはお答えできません。
  6. 受験者が事前に作成・用意した図形データの持ち込み・使用は一切禁止しております。持ち込み及び使用が認められた場合はその場で失格となります。十分にご注意ください。
  7. 試験中は、携帯電話・スマートフォン・PHS・タブレット端末・ポケットルーター類等の通信機能を有する電子機器類は必ず電源をOFFにし(マナーモード、サイレントモードは禁止)、鞄等に収納してください。これらの電子機器の一切の使用・作動を禁止します。これらの電子機器類を時計及び電卓の代替に使用することはできません。
  8. 試験中のデータ消失などの理由による試験時間の延長や再試験は行いません。
    必ず受験者の責任において、システムのトラブルなどに備え試験中に随時データの保存(上書き保存やバックアップ設定など)を行ってください。
  9. 解答図面は使用ソフトの標準形式のデータで提出して頂きます。 また、提出すべき解答図面ファイルがひとつでも欠けていた場合、採点対象外となりますのでご注意下さい。
  10. 解答図面データは、会場にて受験者ごとに用意されるUSBメモリに保存して提出いただきます(ハードディスクへの保存は禁止)。また会場機器使用の受験者の場合、会場によってはフロッピーディスクへの保存になる場合もありますのでその際は個別に通知します。試験当日は、保存の操作方法に関するご質問にはお答えできません。必ず試験日までにUSBメモリやフロッピーディスクへのファイルの保存方法を確認して受験してください。
  11. USBメモリやフロッピーディスクへ解答図面のデータファイルを保存する際、保存したファイルが開けるかどうか、また図面データが確実に保存されているかどうかを必ず確認してから提出してください。ファイル保存の失敗などにより提出された図面データが確認できない場合、採点対象外となりますのでご注意ください。
  12. 受験者による試験問題の持ち帰りは認めておらす、試験終了後必ず回収します。故意に持ち帰りその複製(コピー)および試験問題の一部または全部を他者に伝え、漏えい(インターネット等への掲載を含む)する行為が発覚した場合、法令に基づいて対処することがあります。

会場機器使用の方へ

  1. 試験会場には、ハードウェア、ソフトウェアが用意されていますが、受験者が故意により破損等をした場合には、受験者が損害を賠償する責任を負うものとします。
  2. 会場機器の初期画面が普段お使いのパソコン画面と違う場合がございますが、使用する各種ツール・メニューなどの画面への表示や入力に必要な一切の設定(表示設定も含む)は、試験開始後受験者本人が行います。試験当日は設定・表示方法などの操作に関するご質問にはお答えできません。
  3. 会場に用意されているパソコンにおいて、使用するCADソフト以外のソフトウェアやシステムの設定を変更する行為は一切禁止します。
  4. 会場の機器について、故障等のほかは異議の申し立てを受け付けません。

パソコン持参の方へ

  1. 通常、解答図面は使用ソフトの標準形式のデータで提出して頂きますが、ノートパソコン持参の受験の場合、まれに一部のCADソフトによってはPDFファイルに変換して提出いただく場合があり、その際は個別に通知します(PDF変換ソフトは受験者で準備、インターネット接続でPDF変換するタイプのソフトは不可)。
  2. ハードウェアはノートパソコンに限ります。また保存メディアはUSBメモリになりますので、USBポートの空きが1ポート必要です。USBメモリはOSがWindowsMe、MacOS9以降ならドライバーのインストールは不要。それ以前のOSをご使用の方は必ず事前に連盟にご連絡ください。
  3. 電源は会場にて用意しますがノートパソコンはバッテリーと併用するタイプのものとします。
  4. その他会場に持ち込み可能なハードウェアは、マウス、テンキーボード、予備バッテリーとします。
  5. マシン及びソフトウェアのトラブルはいかなる理由があっても受験者本人の責任とし、再受験や受験料の返還は致しません。

申込みにあたって

  1. 試験は4月と10月の各日曜日に実施しますが、それぞれの試験会場によって試験日が異なります。(原則、各会場とも試験日の設定は1日のみです)
  2. 試験開始時間は准1級・2級は13:00〜、3級は10:00〜・13:00〜・16:00〜のいずれかになります。
  3. 願書締切日以降のお申込み内容の変更についてはお受けできません。申込フォームの入力内容がそのまま受験願書となりますので、お申込みの際は間違いのないよう十分ご確認ください。入力間違いに関してはすべて受験者の責任となります。特に希望する受験級や試験会場などにはご注意下さい。
  4. 各会場の試験日時の決定は願書締切日以降になります。従ってお申込の段階で受験者による試験日時の指定はできませんのでご了承ください。
  5. 受験のお申込みをいただけるのは、各日曜日のいずれの日を指定された場合でも受験できるという要件を満たされた方のみとなります。
  6. 試験の欠席につきましてはいかなる理由があっても受験者本人の責任とし、再受験や受験料の返還は致しませんのでご注意ください。
  7. 試験会場の名称・詳細の住所・試験日時等については、試験の前月中旬に発送する『受験票』でのご確認となります。(それ以前の個別の問合せにはお答えできません)。試験当日は、この受験票がないと受験できなくなる場合がありますので大切に保管してください。
  8. 受験者は受験票が試験の前月20日(4月試験の場合は3月20日、10月試験の場合は9月20日)を過ぎても届かない場合は、必ず連盟に報告する義務を負います。万一、不測の事故などにより受験票が届かない場合、この報告義務を怠り受験できなかった場合は受験者がその責任を負うものとします。
  9. 受験料納付後(クレジット決済の場合は本ホームページの申込フォームからの手続き完了後)の申込み取り消しはいたしかねます。但し、希望会場が定員を超え受験できない受験者については、受験料の返還手続きを個別に通知します。          
  10. 合否結果につきましてはその内容や詳細について個別の問い合わせには一切応じることはできませんのでご了承ください。
  11. 試験当日、試験監督者の指示に従わないなど試験の適切な運営を妨げる行為が見られた場合、ただちにその受験者の受験を中止し退場させることがあります。この場合、再受験や受験料の返還は致しませんのでご注意ください。
  12. 受験申込みを行った受験者は、上記「受験申し込みに関する注意事項」に同意したものとし、いかなる場合においても異議の申し立ては受け付けません。